Panasonic OCC43 インデックス11速化 (SL-7700+SL-BSR1)

Panasonic OCC43 インデックス11速化 (SL-7700+SL-BSR1)

Panasonic OCC43 インデックス11速化 (SL-7700+SL-BSR1)

フリクションのWレバー(ENE CICLO W-SHIFT LEVER)で11速化していたロードバイクを、SL-BSR1のSISユニットに換装したSL-7700にて、11速インデックスのWレバーロードとして刷新してみました。

Wレバー (SL-7700 + SLSL-BSR1)

早速、「SL-BSR1のSISユニットに換装し修理したSL-7700」を取り付けてみました。現状のフリクションタイプの「ENE CICLO W-SHIFT LEVER」からの交換です。

img

これで、現状シマノのラインナップにはない11速のインデックスWレバーのロードバイクとなります。ちなみに、フロント側の左側のWレバーについては、9速レバーであっても問題なく11速フロントディレイラーを引けます。今回は、SL-7700の左レバーをそのまま流用しています。

フロントディレイラー (FD-R7000)

フロントディレイラーは、現行11速パーツのFD-R7000に交換しています。Wレバーのフロントは、フリクションなので9速のフロントディレイラーでも問題はありませんが、プレートの磨耗もあり、FD-7700からの交換です。

img

取り付けにはカンパニョーロのFDアラインメントツール(UT-FD120)を利用します。隙間は2mmほどに固定になりますが、このツールがあるとフロントディレイラーの取り付けの作業時間は、大幅に短縮できます。おすすめのツールです。

今回は、フリクションなフロントWレバーなので、取り付け時の新型ディレイラーの機構によるセッティングはできませんが、いずれにしろ新型ディレイラーはケーブルの取り回し的にキャップが足に当たる心配もなく、いい感じです。

リアディレイラー (RD-R7000-GS)

今回は、11速インデックスのWレバーに変更なので、リアディレーラも9速のリアディレイラーであるRD-M4000から、現行の11速パーツのRD-R7000に交換です。

img

通勤や近所でのトレーニングがメインのロードバイクですが、最大ロースプロケットは34Tまでなので、ほかのロードバイクのホイールともスプロケットの交換なしに共有できます。

しばらく乗ってみて

実際に走行してみましたが、やはりインデックスで変速が素早くできる点は魅力的です。最近はフリクションタイプのWレバーの引きの軽さ慣れていたので、ひさびさのインデックス、それも新品での引きの重さの感覚の違いに戸惑いもありましたが、しらないうちに慣れてしまいました。

以下の写真が、SISユニット換装後のSL-7700を装着してみて、一番ハイ側(11速)にレバーを倒してみたものです。

img

11速時代となり、ENE 11S SHIFTERのような左右非対称のWレバーも登場しています。換装する前に心配していた、Wレバーの倒れこみについても、自分としては実用上問題はない範囲でした。

現時点では、シマノ公式には11速のWレバーは販売されていませんが、今回11速のバーエンドシフターを流用して、インデックスのWレバーを準備してみました。換装前は、いろいろと懸念事項はあったのですが、しばらく乗ってみても問題はなさそうです。