PostgreSQL・MySQLの問い合わせ(Query)プロトコルの比較

PostgreSQL・MySQLの問い合わせ(Query)プロトコルの比較

最近、RDMBSの通信プロトコルに興味があり、代表的なPostgreSQL・MySQLの通信プロトコルの調査をしています。今回は、とくに興味があった問い合わせ(Query)とその応答の通信プロトコルについて整理してみます。 取っ掛りとなる調査ではありますが、その通信プロトコル仕様から、PostgreSQL・MySQLそれぞれの設計思想的なところも垣間見れ、興味深い調査となりました。端的に言えば、PostgreSQLは高速かつ合成的で合理的、対するMySQLの仕様は厳密で冗長的な設計の印象を持ちました。 RDBMSの質問(Query)操作とは RDBMSへ対する操作は、質問(query)と更新(update)に大別されます。RDBMSの基礎となるリレーショナル代数は、前者の質問操作を対象とするものであり、挿入(insert)や削除(delete)などは後者の更新処理に含まれます[1]。 リレーショナル代数の質問は再帰性(recursiveness)があり、その結果は再びリレーショナルとして表現されます。この結果を表すリレーションを、リレーショナル代数では結果リレーション(result relation)、SQLでは導出表(derived table)と呼ばれています[1]。 すなわち、質問(query)操作についてはリレーショナル代数の結果リレーション相当の情報が含まれる必要があります。 通信プロトコル PostgreSQL・MySQLともに通信プロトコルの基本となる通信パケットが定義されており、通信パケットに含まれるデータについても基本となるデータ型が定義されています。 通信パケット 通信パケットは、PostgreSQL・MySQLともに通信プロトコルの基本となるパケット形式で、全ての通信プロトコルは、このパケット仕様に準じています。 PostgreSQL・MySQLともに通信パケットのサイズを示すメッセージ(ペイロード)長が含まれています。以下の表に示す通り、相違点としては、PostgreSQLがメッセージ種別からパケットが開始されるのに対して、MySQLのメッセージ種別はペイロード部に含まれています。 項目 PostgreSQL MySQL メッセージ種別 byte<1> – ペイロード長 int<4> int<3> シーケンス番号 – int<1> ペイロード string<var> or binary string<var>…

Read more