Bianchi ROMA3 + WH-R501-CL (ハブ軸135mm化)

Bianchi ROMA3 + WH-R501-CL (ハブ軸135mm化)

Bianchi ROMA3 + WH-R501-CL (ハブ軸135mm化)

最近、家のクロスバイク(Bianchi ROMA3)のホイールが老朽化してきたので、安価に入手できるロードバイク用のシマノホイールに交換しました。ただし、6年ほど前のクロスバイクでエンド幅が135mmのVブレーキ仕様で、ホイールはもとより対応パーツの選択肢が狭くなってきています。

マウンテンバイクと共に、クロスバイクも急速にディスクブレーキ化が進んできており、135mmエンド幅のVブレーキはいつの間にか、マイナーな規格になってしましました。今回はコロナ禍で関連パーツの入手もできなかったため、今回はロードバイク用のホイールを135mmのハブ軸に部品を交換して装着してみました。

付属ホイールの老朽化

ホイール交換のきっかけとしては、ブレーキ交換(BR-T610)時です。リムは前後ともに振れはないものの、数本ほどテンションが下がっているスポークがあります。いったん応急処置的に調整はしましたが、経年劣化したホイールは連鎖的に故障していくので、そろそろ寿命かもしれません。

前後のハブはシマノ製の32HのHB-RM70/FH-RM70、スポークはRICHMANの2.0mmプレーン、リムは表記がなく製品名まではわかりませんが高さもあり剛性感はあります。ハブはメンテナンスなしで乗っていましたが、見た目には玉押しには傷はないものの、かすかなゴリ感が気になります。

ハブについては、グリスを入れ直せば問題がないレベルでしたが、老朽化した初期ホイールですし、この機会にアップグレードついでに、ホイール自体を交換してみることにしました。

135mmのリムブレーキハブは品薄

最初は、安価で安いホイールを組もうとしていたのですが、すんなりとはいきませんでした。最初は、今回のクロスバイクに必要な、135mmのリムブレーキ用のハブを入手し安価なホイールを組もうと考えました。

シマノのサイトから明確なリンクはありませんが、現在でもなんとかDEOREクラスのハブ(HB-T610/FH-T610)の販売は継続されているようです。ただし、コロナ禍の自転車需要の影響かどこも在庫切れで、入荷の予定は夏以降と直ぐには入手できない状況でした。

その他、リムブレーキ用の135mmのハブとしては、下位グレードのHB-TX800/FH-TX800はなんとか入手できそうでした。ただ、部品表を見ると玉押しの品質が、今のハブ(HB-RM70/FH-RM70)よりも廉価で、実用的には全く問題はないものの、このハブでわざわざホイールを組むのはどうしようと迷ってしまいました。

悩みつつ注文をかけてみたものの、こちらもコロナ禍の影響かFH-TX800についても在庫切れで、リムブレーキ用の135mmのハブの入手は、一旦は諦めざる負えない状況でした。

WH-R501の流用 (135mmハブ軸へのアップグレード)

ただ、いろいろと調べているうちに、ロードバイク用のホイールを流用している記事が目につきました。また、シマノのエントリーレベルのホイールが安価に入手できることも知り、現在でも入手できるWH-R501のホイールを、実際に135mmハブ軸へアップグレードしているショップさんの記事も見つかりました[1]

WH-R501の部品表の確認

今回のクロスバイクも、前輪は100mmで互換性があるのですが、後輪はロードの130mmに対して135mmとエンド幅の互換性はありません。そこで、まずWH-R501の部品表[3]を確認してみました。

ただ、WH-R501のハブについては旧来のカッ&プコーン形式で、部品構造は簡素化はされていますが20年前の製品と同じ構造[5][6]の9ボールです。また、入手できなかったハブ(FH-TX800)の部品表[4]を確認してみると、こちらも同じ9ボールの構造で互換性がありそうです。

部品としては、FH-TX800部品[4]の⑥の146mmのアクセル(Y3CC09010)と⑧の11mmスペーサー(Y3SL05000)を、WH-R501の⑤のハブ軸(Y30K01100)と⑥スペーサー(Y4SK98060)と交換すればアップグレードできそうです。

WH-R501のハブ軸・スペーサー交換

FH-TX800ハブは入荷未定で購入できなかったものの、FH-TX800の補修品[4]で目的の⑤のハブ軸(Y30K01100)と⑥スペーサー(Y4SK98060)を含む、クイックリリースタイプの②の部品一式(Y31J98010)は注文できるとのことで、早速WH-R501ホイールセットと共に購入してみました。

必要な工具 (15mm・17mmハブ調整スパナ)

届いて確認してみると、WH-R501・FH-TX800の双方とも普及帯のハブのため、通常の13mmと14mmではなく、15mm・17mmのハブ調整スパナの組み合わせとなります。現状の普及帯のWH-R501とFH-TX800は、20年前の構造[5][6]と変わらず当時の工具で対応でき、シールやダストキャップ類なども簡素化され(耐久性はともかく)メンテナンス性も良さそうです。

最近のシマノの105以上のハブは6角レンチで1本で簡単に調整できるようになりましが、従来のハブは、以下のように2本のハブ調整スパナの組み合わせて使います。

基本的には、下側のスパナで固定しながら、上側のナットを開け閉めします。推奨トルクが10〜15 N·m[2]とのことで、かなりの力が必要です。記憶違いかもしれませんが、昔の製品はこんなに固かったかな?と思うほどトルクが必要でした。

WH-R501のハブ軸・スペーサー交換

とりあえず、WH-R501の分解ができたので、FH-TX800の補修部品を組み込んでいきます。交換作業については、FH-TX800の⑥の146mmのアクセル(Y3CC09010)をベースに、より品質の良いWH-R501の部品を組み込んでいきます。

ハブ軸の交換がメインの作業ですが、130mmエンド幅対応のWH-R501を135mmに対応させるために、スペーサーについてもWH-R501の⑥のスペーサー(Y4SK98060)を、FH-TX800の⑧の11mmスペーサー(Y3SL05000)に交換します。

WH-R501のセンター出し

部品個交換が終わったハブ軸を、WH-R501に戻して、同じく15mm・17mmのハブ調整スパナで固定してます。なお、玉押しの調整はキツすぎても抵抗になりますし、なによりコーン側に虫食い傷がつくので、ガタが出なくなる程度での固定にとどめます。

あとは、今回はフリー側のスペーサーでの対応なので、2.5mmほどリム全体を反フリー側に寄せ、センターを出して完了です。ただ、実測したところWH-R501の⑥スペーサー(Y4SK98060)は7mm、FH-TX800の⑧の11mmスペーサー(Y3SL05000)と、4mmほどの差だったので実質的には3mmほど寄せる感じでしょうか。

基本的には反フリー側に寄せるだけなので、テンションに余裕のある反フリー側のスポークだけテンションを高めていきます。一律に2回転ほど回すと、ほぼ中心に寄ったので、微調整で振れを無くし、センターを確認して作業は完了です。

WH-R501の135mm化完了

当初はホイールを組もうかと考えていたのですが、作業としては基本的にはハブ軸を交換してセンターを出すだけなので、1時間ほどしかかかりません。前輪は調整なくそのまま利用できますので、ホイールを最初から組むより、圧倒的に短時間で終わる作業でした。

なにより、WH-R501は圧倒的に安く販売されているためコストパフォーマンスも良く、さらにシマノのハブ単体の販売はないフロント20本・リア24本の組み合わせなので、自分でホイールを組むより自由度があるのも盲点でした。

また、安価なWH-R501は、公式には販売されていないシマノ製のフロント20本・リア24本ハブの入手方法として、実測は必要なものの自作ホイールにも活用できるかもしれません。