LOOK KG231 11速化 (9速からのアップグレード)

LOOK KG231 11速化 (9速からのアップグレード)

LOOK KG231 11速化 (9速からのアップグレード)

懸案だった9速時代のホイールも、昨年ひととおり11速化できたことで、現在所有しているロードバークの11速化に着手しました。まず、手始めにしたのが、このLOOK KG231です。変速がULTEGRA(6500系)をメインとしたコンポーネントなため、アップグレードが安価で試しやすいのが1番の理由です。

なにぶん昔のロードバイクなので、できる限り交換する部品を少なくすることで、元の雰囲気を残しつつアップグレードをしたいというのがコンセプトです。

どのコンポーネントをアップグレードした?

この時代のカーボンフレームは細身で、最近のコンポーネントのゴツい感じは合わないとの思いもあり、当初は、デュアルコントロールレバーとリアディレイラーのみでの11速化を想定していました。しかしながら、実走した結果、最終的なアップグレードで交換したコンポーネントは以下の一覧となります。

Component 9 Speed 11 Speed
Shifters Shimano Ultegra ST-6501 9speed Simano Ultegra ST-6800 11speed
Front Derailleur Shimano Durace FD-7700 9speed Shimano Ultegra FD-R8000 11speed
Rear Derailleur Shimano Durace RD-7800-SS 10 Speed Shimano Ultegra RD-R8000-GS 11speed
Sprocket Shimano Durace CS-7700 9speed 11-27T Shimano Ultegra CS-R8000 11 Speed 11-30T

結果的には、当初の目論見のデュアルコントロールレバーとリアディレイラーに加え、フロントディレイラーを含めての11速化となり、流用は9速コンポーネントはクランクとブレーキ周りのみにとなりました。

デュアルコントロールレバーの交換

当然ながら、デュアルコントロールレバーでの11速化には、11速対応品が必須となります。デュアルコントロールレバーは、現行のST-6501(9速)から11速対応のST-6800に変更しました。11速化を見据えて、以前に海外のセール時に購入しておいたものです。個人的には、現行のULTEGRAの8000系よりも、デザインが直線的で気になっています。

img

余談ですが、ULTEGRA 6500系のデザインは特徴的で、特にクランクの丸みを帯びている感じが苦手でした。結局クランクは、のきなみDURA-ACEに変更して、ほとんど売却してしまいました。そういった感覚もあり、現行の8000系のデュアルコントロールレバーも、ちょっとグニャッとした同じような印象があります。

フロントディレイラーの交換

当初は9速FD(FD-7700)を流用していましたが、調整がシビアなため最終的には11速FD(FD-R8000)に交換しました。一般的には、フロントディレイラー周りは互換性が高く[1]
、11速フロントレバーで9速FDを動作させること自体は可能です。

img

ただ、チェーンの外幅の減少[2]によるフロントディレイラーのケージ幅変更[3]の影響は大きく、2世代の差の調整は、実用的には非常にシビアなものでした。
実測では、9速FDのゲージ内幅(12.5mm)と11速FDの内幅(11.3mm)は1.2mmほどの差がありました。しばらくは、シフトアップを重視した調整で乗っていたのですが、何度かチェーンが外側に落ちる場合がありました。期間にして2ヶ月ほど調整をつづけましたが、逆にチェーン落ちの防止を重視するとシフトアップがもたついてしまい、最終的に流用はあきらめました。

リアディレイラーの交換

シマノ11速では、リアシフトケーブルの全体の巻き量の変更(20 -> 27mm)[4]と共に、巻き量に対するリアディレイラーの移動比率も大幅に変更(1.7 -> 1.4)[5]されたため、9速リアディレイラーの流用はできません。

img

9速から10速への移行は、ディレイラーの移動比率は固定(1.7)[5]で、1シフト当りのケーブル巻量の変更(2.5 -> 2.3mm)で対応でした。残念ながら、シマノの11速では大きな仕様変更となり、必然的リアディレイラーもに交換となります。

ただ、9速から11速に変化したことで調整もシビアになるかとも思いましたが、インデックス調整も含めて(なんとなく)9速より簡単な印象を受けました。感覚的な話ですが、リアシフターやディレイラー自体の精度も向上しているのかもしれません。

クランクの流用

クランク周りについては、デザイン的な面もあり最初から流用を決めていました。前述の通り、多段化によりチェーンの外幅は狭くなりましたが、チェーンの内側の幅およびチェーンリングの厚さについては、大きな変更がない部分です[6]。また、カンパ、シマノのロード共に180mmのクランクを常用しているため、価格を含めてクランクが入手しづらく、できれば流用したかった背景もあります。

img

交換にあたり、実際にシマノチェーンをのローラー幅を計測しましたが、9速のチェーン(CN-7701)は2.3mm、11速チェーン(CN-GH901-11)は2.2mmでした。これは9速の廉価版(CN-HG53)でも同じ数値で、9速チェーンのローラー幅のほうが0.1mm幅広なのは意外でした。

ブレーキの流用

近年のシマノブレーキには(Super)SLRとNewSLRの規格があり、シマノからはブレーキキャリパーとレバーを同じ規格のものを組み合わせることが推奨[7]されていますが、今回は自己責任で流用を試してみました。

img

実用的なブレーキレバー可動域(20度)で比較すると、9速のSLRのケーブル引き量(7mm)に対して、11速のNewSLRの引き量(8mm)が長くなった違いがあります[8]。今回の場合には、11速のブレーキレバーで9速のブレーキを引くことになるため、原理的に制動力が落ちるのため注意が必要となります[8]

img

ブレーキレバーの引き量の違いもそうですが、NewSLRのキャリバーブレーキは、シマノのSLRやカンバのものと比較すると、手の感触で体感できるほど、明らかにバネ感が弱いです。とりあえずは、この組み合わせで、しばらく実装で確認してみることにしました。

しばらく乗ってみて

この組み合わせで、2ヶ月ほど乗ってみましたが、おおむね安定的に違和感なく乗れており、交換前との決定的な違いはほどんど感じられず、スムーズに移行できと思っています。逆に言えば、11速化による決定的な差は感じ難く、もちろん巡航速度があがったとか最高パワーを更新できたいったこともありませんでした。

これからは、もうすこし乗り込んで、多段化で2枚増えたメリットを活かせるように使いこなさないと …. といったところですが、ちょっとだけ、交換前後で気が付いた点をまとめてみます。

ブラックパーツの印象

最近のシマノ、カンパニョーロのコンポは、いわゆるシルバーパーツ的な構成が少なくなり、ほとんどがブラックやカーボンを基調としたものが主流となっています。今回用いた11速化のコンポーネント(6800/8000系)のブラックパーツの変更で、外観がどう変化するかが、ちょっと心配でした。

今回、ディアルコントロールレバーとディレイラー周りがブラック基調になりましたが、結果的には、ブラック/シルバーの適用箇所と比率は、カンパニョーロの10速時代と同じような構成となり、違和感なくアップグレードできた感じです。カンパニョーロは9速時代からカーボンパーツの採用からブラックパーツのの比率が段階的に増えてきましたが、それは許容できていた背景もあったかと思います。

フロントディレイラーの進化

速さには直接関係はないものの、フロントディレイラーについては、明らかに性能の差は感じられました。時期的にも11速化もが遅れたこともあり、最新式(FD-R8000)への交換となりました。なんといっても、9速時代(FD-7700)と比べると圧倒的に引きが軽く、あまりにスムーズで変速できたか心配になってしまうほどです。

整備面についても、ケーブルテンションの調整がマニュアル化されたことにより、組み付けも非常に簡単になりました。従来のようにセッティング最後に試行錯誤して、ともするとケーブル固定からやり直し …. なんてことはありません。マニュアル通りセッティングすれば、試行錯誤なく一定時間で完了するのもホビーユーザーには嬉しいところです。

リアディレイラーの性能

リアディレイラーの性能については、特に9速(7700系)と11速(8000系)の違い、多少クリックが軽く(弱く)なったかな?の印象を受ける程度で、決定的な違いは感じられませんでした。クリック感は好みの問題もあるとは思いますが、リアディレイラーに移動については甲乙つけ難く、明確な性能差は感じられませんでした。

ブレーキの組み合わせ

心配したブレーキの組み合わせですが、こちらも体感できるほどのは制動力の違いはなく、実走での違和感はありませんでした。ただ、前述した通り、今回の組み合わせは、旧SLRブレーキはバネの力も強く、原理的には制動力が落ちているはずですので、それは念頭に置いて運転すべきかと思います。そのいった意味では、テクトロの一部のブレーキのように、よりバネが強いキャリパーとの組み合わせは、避けたほうが無難と思われます。

チェーンの剛性

なんとなく気になったのは、11速化でチェーンの剛性感が落ちたような感覚があったことです。9速チェーンの交換時には、明らかに新品の高い剛性感を感じられたのですが、今回新品の11速チェーンでは、その感覚がありませんでした。特性的な違い(初期剛性は低いが伸びにくいとか)があるのかもとは思ったりしましたが、感覚的な錯覚で、実際には同じ剛性なのかもしれません。

これから、どうする?

今回、一部のパーツを流用することにより、9速ロードの11速へのアップグレードを試してみました。今回のアップグレードによる、最終的な外観とパーツ構成は以下となりました。

img

Component Product
Frames LOOK KG231
Fork LOOK HSC1 Carbon
Headset Shimano 600 Ultegra HP-6400
Shifters Simano Ultegra ST-6800 11speed
Front Derailleur Shimano Ultegra FD-R8000 11speed
Rear Derailleur Shimano Ultegra RD-R8000-GS 11speed
Crankset Shimano Durace FC-7701 180mm
BB Shimano Ultegra BB-6500
Sprocket Shimano Ultegra CS-R8000 11 Speed 11-30T
Brake Levers Integrated
Brake Calipers Shimano Durace BR-7700
Stem Simano PRO LT 100mm
Handlebar Shimano PRO LT Anatomic J 420mm
Seatpost Shimano 600 Ultegra SP-6400-A 25.0mm
Saddle Selle Italia Flite
SN C8CL 100651

この時代のロードはヘッド回りは1インチがまだまだ主流で、なおかつシートポスト系はメーカ独自(この時代のLOOKは25.0mmが多い)であまり標準化されていなかった背景もあり、どうしても一部は古いパーツが残ってしまします。

ただ、今回のシマノでの9速から11速化のアップグレードで、基本的なポイントは確認はできました。もう少し乗りこんでみて操作感の確認しつつ、カンパニョーロも含めて、他のロードについても順次11速化を進めていければと思っています。